Perspective

私の研究分野は社会心理学です。

「3人寄れば文殊の知恵」というたとえがあります。 このように、個体のレベルではみられない優れた知性が、群れや集団のレベルで新たに創発する集合現象は 「集合知」と呼ばれます。 人間社会において集合知がどのような条件のもとで、いかなるメカニズムによって成立しうるのかという問題は、 社会心理学における古典的かつ重要なテーマの1つです。

21世紀の社会は高度情報化に伴う大転換点にあり、人々の間を行き交う情報の流れは大きく形を変えつつあります。 情報通信技術・サービスの発展によって集合知への期待が高まる一方で、SNSの炎上や社会の分断といった新たな問題もあらわになっています。 このような状況のなか、集合知をめぐる問題に対しては「社会秩序の成員としてのヒト」「生物としてのヒト」「情報をつなぐ結節点としてのヒト」など、 多角的な視点に基づいた一般理論の構築が社会的に要請されています。

私は従来の社会心理学の知見を軸に、認知科学・生理学・情報科学(ネットワーク科学)を含む多角的な視点から、 現代の人間社会における集合知の成立条件とその基盤メカニズムに関する実験・実証的研究を試みています。

Methodology

Experiments

コンピュータを用いた実験室実験に加え、近年は参加者が自宅からアクセスできるオンライン実験を行っています。

以下のリンクから、オンライン集団実験のデモを体験できます。

Computational modeling

参加者の意思決定過程を詳細に理解するため、強化学習モデルやベイズ学習モデルなどの計算論モデルを用いた解析を行っています。

Agent-based simulation

意思決定の計算論モデルをもとに、人工的なエージェントからなる仮想的な社会をシミュレーションし、新たな集合知の可能性を模索しています。

Recent works

Collective Intelligence Under a Volatile Task Environment: a Behavioral Experiment Using Social Networks and Computer Simulations
Preprint

Research Article

Insights about the common generative rule underlying an information foraging task can be facilitated via collective search
Scientific Reports

Research Article

集合知を支える社会学習過程の合理的基礎
認知科学

Review Article

集合的意思決定への実験アプローチ
数理社会学事典

Book Chapter